HOME > Blog

Blog

寒暖差アレルギー

温かい場所から寒い場所へ移動したり、カレーやラーメンなど熱くて刺激性のある食べ物を食べるとくしゃみや鼻水が止まらなかったことはないですか?
アレルギー性鼻炎や風邪、花粉症でもくしゃみや鼻水などの症状があり似ていますが、寒暖差アレルギーによるかもしれません。

体の臓器は自律神経によってコントロールされています。寒い場所へ行くと血管は収縮し、暑い場所へ行くと血管は拡張して体温を一定に保っています。1日の気温差が激しい春や秋などに寒暖差アレルギーは引き起こされやすいです。特に1日の中でも7℃以上の差が出ると体が気温に慣れようとして負荷がかかります😥寒暖差アレルギーは医学的には「血管性運動性鼻炎」と呼ばれ、鼻の血管が広がり鼻の粘膜が腫れることにより引き起こされます。


🔷症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、倦怠感、肌のかゆみ、蕁麻疹などがあります。
花粉症や風邪と症状が似ていますが、花粉症では目のかゆみや炎症や充血などの目の症状は寒暖差アレルギーでは起こりません。

また風邪とは発熱なし、水っぽくてサラサラした鼻水という違いがあります。

🔷寒暖差アレルギーの予防
①体感温度差をなくす
こまめに体温調節をできるマフラーや手袋を使ったり、マスクをして鼻粘膜に冷たい風が直接当たらないようにするのがおすすめです!

②筋肉をつける
寒暖差アレルギーはこどもは少なく大人の女性に多いとされています。男性に比べて筋肉量の少ない女性は体内で作り出す熱量が少ないので体温調節がしづらいです。
ふくらはぎの筋肉を手軽に鍛えることができる踵落としが効果的です。

③入浴
自律神経には興奮・緊張時に働くアクセルの役割の交感神経とリラックスした時に働くブレーキの役割の副交感神経の2種類があります。ストレス過多な現代人は交感神経が優位になりますく、生涯を通してあまりレベルが変化しませんが、副交感神経は男女ともに加齢により低下しやすくなります。体の疲れをとってリラックスするためにも38~40℃のお風呂に5分ほど浸かりましょう。


冬季うつ

冬になると甘い物が無性に食べたくなったり、集中力が続かなかったり、寝ても寝たりなかったりといった症状に心当たりがありませんか?もしかしたら今の時期特有の冬季うつかもしれません😥

うつの症状には色々な種類がありますが季節性感情障害(冬季うつやウインターブルー)は寒くなる10月から2月の間になりやすく春になる3月頃にかけて自然に回復して元気になります💪
東洋医学では全ての事柄に対して陰と陽に分ける考え方があります。陰には内・下・寒い・夜・冬・で、陽には外・上・温かい・昼・夏などの特徴があります。なので寒い冬のシーズンはどうしても内向的になりやすいです。

🔷冬季うつの症状としては
①過食
炭水化物のパンやパスタや白米、甘いスイーツを食べる傾向にあります。

②過眠
日照時間が短くなることにより睡眠を促すホルモンのメラトニンの分泌が減ります。睡眠の質が下がるので寝た気がしなくてより睡眠を取ろうと時間が長くなります。

③気分の落ち込みやイライラ
日照時間が短くなることにより幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が減るので気持ちの変化が大きくなります。

一般的なうつの症状は食欲不振や不眠になりやすいですが、冬季うつは反対に過食や過眠になりやすい傾向にあります。

🔷対策としては
①なるべく日光に当たる(光療法)
冬季うつの治療として高照度光照射法という特殊なライトを使用して太陽光に近い光を目から取り込みます。保険適用外ですが睡眠障害外来などで受けることが可能です。

②栄養バランスの摂れた食事
幸せホルモンと呼ばれる脳内神経物質のセロトニンは感情や気分のコントロール、精神の安定に関与します。そのセロトニンの材料である必須アミノ酸の1つのトリプトファンを摂取するのが大切です!動物性たんぱく質の肉や魚、豆腐や納豆や卵やバナナに多くトリプトファンは含まれています。


心身一如

西洋医学では心と体を切り離して病気の体を治療しますが、東洋医学には心と体は一体であるという心身一如の考え方があります✨

「病は気から」という言葉があるように、心と体は密接に繋がっています。恐怖や怒り、悲しみやストレスなどがある場合は体にも力が入りやすくなるのでちょっとした刺激でも過敏に反応します。
うつ病などの精神疾患がある方は体の緊張が強いです💦

この状態が続くと自律神経のバランスが崩れるので体の痛みやだるさや疲れが取れないといった様々な体の不調を引き起こし、心も不安定になりがちです。
心も弱ってくると食欲不振もしくは食べても食べても満足感が得られなかったり、買い物依存症やアルコール依存症にも陥りやすいです。

心と体の負のスパイラルを断ち切るためには体の緊張を緩めたり、五感を使った行動をすると変化が出やすくなります😊
美味しいものを食べたり好きな音楽や香りなどに触れてください。体
の健康のためにはバランスの摂れた食事が必要ですが、体の健康は心の健康にも繋がるのでバランスの摂れた食事により心も健康になります。

体が緊張しているときはどうしても呼吸が浅く早くなりがちです。「息を詰める」や「息を殺す」など呼吸を止める動作を表す言葉も多く存在しますが、簡単に体の緊張を緩める方法としては“深呼吸”もおすすめです💫


副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻をかんでもすっきりしない、風邪が治ったのに鼻詰まりが続く、寝るときや横になったときに鼻水が喉の方に流れる
などの症状に心当たりがあれば副鼻腔炎(蓄膿症)かもしれません💦

副鼻腔は鼻の周りにある空洞で前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞と4つが対になり計8個あります😊
鼻の中にある菌に炎症が起こると鼻の粘膜が腫れたり粘り気のある鼻水が出てきます。通常なら副鼻腔から分泌される分泌物や異物は副鼻腔の外へ排泄されるのですが、鼻の粘膜が腫れたり粘り気のある鼻水が出ることにより鼻腔が狭くなりうまく排泄されず副鼻腔内に膿として溜まってしまいます。

炎症が起きる原因として風邪、花粉症などのアレルギー性鼻炎、虫歯などがあります。虫歯は副鼻腔の1つの上顎洞が歯の根元に近いため歯の炎症が副鼻腔に移りやすいです。

🔷症状としては
①鼻水
急性期は膿の混じった鼻水だが、慢性期だと白い粘りのある鼻水
アレルギー性鼻炎ではサラサラとした透明な鼻水が特徴的です

②後鼻漏
鼻水が喉に流れて咽頭炎や気管支炎の原因にも繋がります

③鼻詰まり
鼻腔や副鼻腔の粘膜が腫れたりポリープになったりすると鼻詰まりを起こします。鼻詰まりが続くと口呼吸になったり匂いが嗅げなくなります

④痛み
急性期は頬や両眼の間の痛みや額の痛みで、慢性期は頭の重だるさや倦怠感などがあります

🔷治療として
薬局では直接鼻にスプレーをかけたり、錠剤や漢方薬があります。
病院では膿の吸引や薬剤を霧状にして鼻から吸入するネプライザー治療、抗生物質・抗炎症薬・排膿薬など内服薬の処方で重症の場合は手術になります。

副鼻腔炎などの鼻の疾患には
🔹上星(じょうせい)顔の中央ラインで髪の生え際より約2cm後ろのツボ
🔹印堂(いんどう)眉間の中央のツボ
🔹迎香(げいこう)両小鼻の横のツボ
が効果があるのでぜひ試して見てください😊


腸腰筋

「段差がなくてもつまずきやすくなった」「片足立ちの状態で靴下を履けなくなった」という声を聞きます。心当たりのある方は体幹の筋肉が弱ってきているのかもしれません💦

腸腰筋という筋肉は上半身と下半身を繋いで体幹の安定をしてくれる大事な筋肉です。深層にある筋肉なので触りにくいですが、歩いたり踏ん張ったりするときも使います。

腸腰筋は腸骨筋と大腰筋という2つの筋肉に分かれます。
腸骨筋は骨盤と大腿骨を繋ぐ筋肉
大腰筋は腰椎と大腿骨を繋ぐ筋肉

腸腰筋を鍛えると姿勢が良くなったり下腹部の引き締めにも効果があります。腸腰筋のトレーニングには足踏みがおすすめです😊膝と股関節を直角にしっかり曲げて50回のほど足踏みをするだけです。ただし体幹が後ろに反れたり、しっかり足を上げないと効果が薄くなってしまいます😥


筋肉はサルコペニアという現象で加齢により減っていきます。それにより何も運動をしないと筋力低下による歩行困難などになり、将来的にはロコモティブシンドローム(運動器症候群)になる可能性が高くなります。
年齢を重ねてもトレーニングによって筋肉をつけたり、筋肉量をより増やすことができます。健康な身体で過ごせるように体幹の筋肉を増やしていきましょう!!


のどの詰まり(梅核気)

忙しかったり、疲れが取れなかったりすると
🔹のどの異物感
🔹のどが詰まって息苦しい
🔹食べ物が飲み込みにくい
🔹痰がからむ
など、のどの不快な症状を感じる方が多いです。


このような症状が出ることを耳鼻科では“咽喉頭異常症”と呼び、精神科では“ヒステリー球”と呼ばれます。
のどに違和感があって病院で検査をしても具体的な病気や異常が見つからないのが特徴です。また東洋医学では梅の種が詰まったような圧迫感という例えから“梅核気”と呼ばれます。

ストレスによる自律神経の乱れが原因となることが多いです💫自律神経でも特に交感神経の働きが優位になると、のどのあたりの筋肉が収縮するので咽喉頭や食道などが細く締め付けられます。
漢方薬では半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)で治療することが多いです。ヒステリー球以外にも神経性の胃腸障害や喘息、気管支炎でも用いられます。

のどの周りの筋肉が硬くなっているので筋肉を伸ばすストレッチやツボ押しなどもおすすめです😊

《ストレッチ》
鎖骨の下に手をクロスに重ねて置き、顔を真上に向けたまま口をすぼめたり、口角を広げたりします。
このストレッチは2重あごやフェイスラインのたるみにも効果があります。

《ツボ押し》
鎖骨と鎖骨の間にあるくぼみに“天突(てんとつ)”というツボがあります。人差し指で3秒間押した後、3秒間離すの1セットとして5セットほど繰り返すと効果が出やすいです。

また食事では香りの強いセロリ、パクチー、春菊、みょうがなどを取り入れるのも気を巡らせるので効果があります。


ボトックス注射💉

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の1種です。筋肉の痙攣や緊張を抑える働きがあり顔面痙攣、眼瞼痙攣などの治療で使われます。
また美容目的で眉間やおでこのシワ、エラや食いしばりなどでされる方もいます😊

ボトックス注射と美容鍼灸を併用して受けたいとのお問い合わせがありますが、美容鍼灸は鍼をしてお肌に刺激を与えることで治癒力が高まりお肌の細胞が活性化します。一方でボトックス注射は筋肉を萎縮させることでシワを目立ちにくくするものなのでアプローチの仕方が対照的です。


美容鍼灸の施術をお受けになるにはボトックス注射後ですと3週間から1ヵ月ほど空けていただくのがおすすめです✨


胃薬

師走になり、なにかと忙しいのでストレスや暴飲暴食などで胃の不快感を感じる方が多くなってきました。胃もたれ、胃痛、胸焼けなど様々な症状がありますが、痛みを感じたら胃薬を服用していませんか?ストレス過多な現代人が服用する胃薬にも種類があります😊

消化に関わっている胃酸はpH1〜2の強い酸性でできています。おいしそうな物を見たり、匂いを嗅いだり、食べ物が胃に入ってくると胃酸が分泌されます。食べ物の消化や食べ物と一緒に入ってきた菌の殺菌をしています。胃酸から胃の粘膜を守るために胃の内側から粘液が分泌されます。胃酸と胃粘液のバランスが崩れて胃酸の分泌が過多になり、胃の粘液の分泌が減ると胃の粘膜が傷つき胃炎・胃潰瘍になるリスクが上がります💦


《原因》
🔹アルコール
🔹喫煙
🔹ストレス
🔹暴飲暴食

《種類》
🔹H2ブロッカー
医療機関が胃炎、胃潰瘍などで処方される。第1類医薬品
🔹制酸剤
胸焼けや飲み過ぎなどで分泌過剰な胃酸を中和させることにより胃粘膜への刺激を緩和させる
🔹粘膜修復剤
空腹時の胃粘膜を守る。胃酸過多により胃粘膜が傷ついているので胃粘膜の分泌を促進させたり、胃粘膜の再生力を高める


慢性的に胃薬を服用し、胃酸から減少すると鉄やビタミンB12などの吸収率が悪くなります。欠乏症として貧血やまぶたのぴくつきなどの神経障害が出やすくなります。胃薬を常用すると胃酸を抑制するので食べ物を消化吸収できなくなり、体に栄養素を取り込めなくなってしまいます。栄養失調になると細胞分裂をする材料が足りないので新陳代謝が悪くなり不調に陥りやすいです😥
今一度、食生活を見直してみましょう😄
胃もたれや膨満感が気になる方は「ちゅうかん」というおへそとみぞおちの中間点にあるのツボもおすすめです✨指圧したり温めたりすると胃腸の働きを助けてくれます。


月経②

通常の体温計は3桁で表記されますが、婦人体温計は4桁表記なのでより精密に測れます!また婦人体温計はほとんどが口中用でできているので、通常の体温計のように脇で測るのでなく舌下(舌の裏)で計測します。毎朝起きたらそのまま口にくわえて測定します。
⚠舌上で測ったり、体を動かしてから測ると0.04~0.10℃の誤差がでることもあります。

基礎体温には低温期と高温期があり、一定のサイクルで繰り返されています。
🌸低温期…月経周期の月経期と卵胞期
🌸高温期…月経周期の排卵期と黄体期になります。

黄体期に黄体ホルモンの分泌により低温期より0.3~0.6℃くらい基礎体温が上昇し、月経前までの10~14日間続きます。
16日以降も高温期が続く場合は妊娠の可能性もあります。

またおりものの状態でもおおよその月経周期が判断できます。おりものは粘液や膣の分泌液などが混ざり、膣の潤いを保って菌の繁殖を防ぎます。

🌸月経直後…おりものの量が少なくてさらさらしている
🌸排卵直前…最も量が多く、糸を引くような粘り気がある
🌸黄体期……白く濁り、粘り気がなくなる
🌸月経直前…また量が増え、おりものが黄色っぽくなる

習慣化するまでは大変ですが、次の月経の予定日や妊娠の有無、更年期障害などが基礎体温でわかります✨


月経

女性が初経を迎えてから閉経するまで平均で35~40年間あります🙂毎月5日間を月経周期とすると生涯で約6年9ヶ月を月経と向き合うことになります。

《月経周期》
28日前後(25~38日の間であれば正常)です✨
月経周期には月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4種類があります。
🌸月経期
妊娠しなかったときは黄体ホルモン、卵胞ホルモンの分泌量が減り、子宮内膜が剥がれ落ちて血液と一緒に排出されます。

🌸卵胞期
卵胞刺激ホルモンの働きにより、卵巣にある卵胞の1つが発育し始めます。卵胞ホルモンが分泌され子宮内膜が厚くなります。

🌸排卵期
排卵日を挟んだ2~3間。人によってはこの時期に"排卵痛"という下腹部の痛みや少量の出血があります。

🌸黄体期
排卵後の黄体が変化します。妊娠時の準備の為、子宮内膜がより厚く柔らかくなります。

《月経の日数》
3~7日が正常 日数が短すぎるのも長すぎるのも問題があります
《月経の量》
約20~140gと言われていますが、ピンとこないかと思います。1~3日目でナプキンやタンポンが1時間もたないと多いです。月経の2日目までで1回の月経の8割が排出されます。逆に2、3日目でも1日中ナプキンを替えなくてももつ場合は少ないです。

月経は正常だと毎月くるので月経と上手に向き合っていく為にも基礎体温を測り、月経周期を把握することがおすすめです😊当院のお客様でも妊活をされる方がおりますが、3ヶ月分の基礎体温のデータがないと産婦人科で治療ができません💦


12345

アーカイブ

ページトップ